伊丹市民合気道

The Essence Of Truth In Aikido



One of the key elements in manifesting the true art of aikido is to have conviction. Through conviction and honesty to oneself, the true essence of budo will evolve.

I learned from years of training with many different people, that the self-denial of one’s true self would conflict with your ability to achieve the kind of aikido that Morihei Ueshiba wanted to convey.

 Therefore, it is important to be true to yourself and to others with your intentions. As for practice, you must face your opponent with the purest of intentions, to defeat him. If he is aware that your skills lack pure conviction, you will fail spiritually and will be defeated.

 In order to achieve total purity in aikido, one must first, foresee in your mind’s eye what you want to achieve and proceed to accept your opponents’ aggression regardless of his strength. Then in a split moment before the connection between you and your opponent, you must reveal the truth with your Atemi. If your Atemi is pure, you will defeat your opponent before you actually make any physical contact.

 Even as a fourth degree black belt, I still find myself battling between my own strength and the true form of aikido and to train myself to achieve the flawlessness of truth in aikido, I must also train outside the dojo.

 One way is to maintain a pure state of mind in everything you do and everything you are. Truthful people are open and express themselves freely without constraint. This honorable character defines us as a person and every aspect of our life. In time, the people around you can see your true intention on and off the mat.

 Failing to practice total honesty in this martial art will lead a person away from the true essence of harmony and into a state aggression, jealousy and the lust for dominance. This will lead to failure and defeat.

In conclusion, I have come to realize that whether you are practicing aikido, iaido or any kind of martial art, the strongest opponent that one will ever have to face is yourself. So, be truthful and maintain a straight path to harmony.

 合気道の真の芸術を発現における重要な要素の一つは、信念を持つことです。自分への信念と誠実さを通して、武道の本質は、進化していきます。

今日、私は自分の真の自己の自己否定は植芝盛平が伝えたかった合気道の種類を達成するためにあなたの能力と競合することを、山本師範から学んだ。

そのため、自分にしてあなたの意図と他の人に真実であることが重要です。練習として、あなたは彼を倒すために、意図の純粋なとあなたの相手に直面しなければならない。彼はあなたのスキルは、純粋な信念を欠いていることを認識している場合は、精神的に失敗し、解除されます。

合気道の総純度を達成するためには、 1 、まず、あなたが達成し、関係なく、彼の強さの敵の侵略を受け入れる続行したいのか、あなたの心の目で予測しなければなりません。次に、あなたとあなたの対戦相手との間の接続の前に、分割瞬間に、あなたはあなたのAtemiで真実を明らかにしなければなりません。あなたAtemiが純粋である場合は、実際に物理的な接触を行う前に、あなたの対戦相手を打ち負かす。

でも、三親等の黒帯として、私はまだ自分自身が自分自身の強さと合気道の真の姿の間や合気道の真理の万全を達成するために自分自身を訓練するために戦って見つけ、私はまた、道場の外に訓練しなければなりません。

一つの方法は、あなたが行うすべてのものと、使用しているすべてのものに心の純粋な状態を維持することである。真実の人が開いていて、制約なしに自由に自分を表現する。この名誉ある文字は、人と私たちの生活のあらゆる側面として私たちを定義しています。時間では、あなたの周りの人々がマットのオンとオフをあなたの本当の意図を確認することができます。

この武道の総誠実を練習しないと離れて調和の本質からして、状態侵略、嫉妬と支配のための欲望に人をリードします。これは失敗と敗北につながる。

結論として、私はあなたが合気道、居合​​や武道のあらゆる種類の練習をしているかどうか、 1がこれまでに直面する必要があります最強の対戦相手は自分自身であることを認識するようになりました。だから、真実であることとの調和へのまっすぐな道を維持する。



Written by Anthony Nemes

Translated by Tabashi

The Shapes of Life


Aikido is a martial art which was founded by Japanese master Morihei Ueshiba (1883- 1969).  In Aikido, he has the title O Sensei, which means “great teacher”). This martial art is most different to other martial arts because it focuses on harmonizing its practitioners or better known as Aikidokas in sync with the energy of the universe.

The Aikidoka harmonizes with the energy and movement of his/her opponent to neutralize the opponent’s aggression rather than conflicting with it. The purpose of harmonizing is to resolve the conflict without causing any injury to the other practitioner.  That does not mean that the Aikidoka receives the full force of the opponent‘s attack, but instead, to move in unison with it by controlling the centre and thus changing its structure.  

   Imagine two suns occupying the same solar system. As they both orbit one another due to their gravitational pull, the two suns are destined to collide. However, before that collision actually occurs, the sun with the stronger gravitation pull will remain more centered of the two. In addition, the sun with the less pull will be whipping around the other with great velocity and instability.

Two factors are identified in an attack, the attacker (uke) and the person being attacked (なぎ or とり). If the person being assaulted re-aligns his/her position in relation to the attacker then the assault will fail.

O Sensei used three fundamental principles to assist his students in understanding the concepts of the movements and techniques used in what they are learning. They are the principles of the circle (marui), the square (shikaku) and the triangle (sankaku). Please pay attention to the figure below.

O Sensei was a profoundly spiritual man and frequently used these representations to illustrate some of the principle of 一霊四魂三元八力ichirei-shikon-sangen-hachiriki, which means “One Spirit, Four Souls, Three Fundamentals and Eight Powers” . These symbols represent the framework he believed to be current in every religious cosmology.

One Spirit is the solitary starting place of creation and is Omni-present, in Aikido it is the seed of kototama SU. SU is the kototama of creation, the pure vibration out of which all things emanate and from which KA-MI (fire and water) arose.

The Four Souls are the;

Kushi-mitama (is associated with heaven and the attitude of centralization. This is the source of wisdom, clarity and virtue.
Ara-mitama is associated with fire and the principle of sincerity. It is the source of bravery, valor and development.
Nigi-mitama is associated with water and the principle of consolidation. It is the source of empathy, trust and reverence.
Sachi-mitama is associated with the Earth and the principle of demarcation. It is the source of love and compassion

The Three Fundamentals (for which O Sensei uses the symbols of the Circle, the Square and the Triangle) are;

Iku musubi (or iku-tama) the invigorating fundamental, it is the dimension of ki-flow symbolizing a proactive disposition and Masakatsu. The triangle is the solution to entering.
Taru-musubi (taru-tama) the finishing fundamental, it is the element of liquid symbolizing alliance and Agatsu. The circle is the key to blending.
Tamatsume-musubi (tamatsume-tama) the fulfilling fundamental, it is the dimension of solidity symbolizing structure and Katsuhayabi. The square is the key to control.

Finally, the eight powers (which sustain creation) being

Movement      Extension      Solidification       Unification       Stillness       Contraction        Fluidity        Division

“The body should be triangular and the mentality circular. The triangle represents the generation of energy and is the most unwavering physical posture. The circle symbolizes calmness and precision, the source of unlimited techniques. The square represents solidity and is the basis of functional control.”

O Sensei’s Quote

A triangle has two angles at the bottom and one at the point, the two lower angles can be imagined as a stable platform or the stance f an Aikidoka and the angle at the point can be seen as the Atemi or striking point. It is comparable to entering techniques such as irimi nage, which is giving the impression of a direct movement as opposed to turning techniques such as in tenkan or evasion movements like tai-sabaki.

Circle comes from the Japanese word Ju meaning soft or gentle. The concept arising from Ju entails to push when pulled and to pull when pushed. A circular technique is never direct; it is to be like a ball rolling with the assaults and effectively paralyzing them.

Many Aikido techniques give the illusion of the attacker (uke) co-operating with the person being attacked (tori) and in retrospect, this is what evidently happens. The attacker is the person providing the energy, strength and opportunity, the Aikidoka simply guides the attacker’s strength until the opportunity presents itself for the assault to be conquered. Circles are not secure in the ordinary sense of the word because they are continuously in motion they never collapse. Now, if all the possible circular and semicircular movements around the centre of an Aikidoka are united into one image, the product is a sphere - somewhat a dynamic sphere as any attack is directed into any one or combination of circular movements. The mental attitude of Aikido is centralized and the energy required to carry out a technique is extended outward from the centre.

 The principles of circularity in martial arts are ancient and are applied in almost every sport or martial arts. However, unlike Chinese yin-yang with two centers, the Aikido circle will only have one centre for both attacker and Aikidoka.

The square is a firm and physically powerful position. When O Sensei drew a square, he often wrote the word “Go” (strength). A square is configured with four ninety-degree angles and O Sensei said that the most efficient assault would be at a ninety-degree angle. Unlike the triangle and circle, the square lacks momentum because its characteristic derive from strength, it is grounded and dependable. Although it is difficult to visualize techniques from the square in comparison to the triangle and circle but the square signifies the mental and physical stability needed for kamae (ready stance), the Aikidoka should be grounded for any technique he/she executes to be effective.

None of these symbols should ever be restrictive in any. They only are meant to provide a visual tool to grasp the concept of the aikido moves for the Aikidoka. They are constantly transforming; a technique can start from a square, move into a triangle and finish up as a circle.

These symbols are applicable in everyday life and in our behavior towards others.

One can tell the characteristics of a person by using these symbols and their definitions.

Example, a person who is a:-

Centered triangle is direct and takes the initiative; an un-centered triangle can be conceited and bullying.

 Centered circle sees other points of view, is reasonable and accepting. An un-centered circle is erratic, easily influenced and spineless.
 
Centered square is peaceful, allowing others to be calm and at ease around them whereas an un-centered square is stuck in a rut and unable to move and thus clumsy.

They communicate the purpose of Aikido, which in the words of O Sensei “is not merely training in the techniques of bujutsu. Another purpose is for the creation of a world of beauty grace and elegance. It is to create this world into a better place.




合気道は日本の植芝盛平翁(1883-1969によって創設された格闘技である。合気道において、師は大先生、すなわち「偉大なる師」、の称号を与えられている。この格技は、他の格闘技とは一線を画すものであり、実践家、いわゆる合気道家の、宇宙の気との同調に焦点を合わせている。合気道家は、相手の攻撃的な姿勢と衝突するのではなく、相手の気や動きに同調し、相殺するのである。同調することで、合気道家は相手を負傷させることなく、衝突を解消することを目的としているのである。それは、合気道家が相手の攻撃の全威力を受け止めるということではなく、相手の攻撃の芯を外すことで、相手の攻撃に同調し、その結果として、攻撃の力を崩すことができるのである。

一つの太陽系を、2つの太陽が支配している状況を思い浮かべるとしよう。どちらも重力による作用を受けて、同じ軌道を回るので、その2つの太陽はやがて衝突することになる。しかし、その衝突が実際に起こる前に、より強く重力の作用を受ける方の太陽が2つのより中央に近いところにとどまる。さらに、重力の作用の弱い方の太陽が、とてつもない速さで、かつ安定してもう一方の太陽の周りを回る。

攻撃に際して、攻撃する側(受け)と、攻撃される側(なぎまたはとり)の2つの要素が認められる。攻撃されようとしている側が、攻撃する側と一直線にならないような位置に動くことができれば、攻撃は失敗に終わる。

大先生は、弟子たちが学んでいることに使われている動きや技の概念を理解しやすいように、3つの基本原理を活用した。その3つの原理とは、円、四角、三角である。以下の図を参照されたい。

大先生は、非常に霊的な人物であり、一霊四魂三元八力、すなわち1つの精神、4つの魂、3つの原理、8つの力、の信念を説明するのに、これらの図を頻繁に活用した。これらの表象は、全ての宗教的な宇宙観に見合うと彼が疑わなかった枠組みを表す。

一霊とは、創造の唯一の出発地点であり、ゆえに普遍的なものである。合気道においては、それは言魂スのもとである。スは創造の言魂で、万物が生まれる純粋な振動で、かみ(火・水)が生じる。

四魂とは、

奇御霊:天を連想させ、中央集権的な考え方である。知恵、明確、美徳の源である。

荒御霊:火を連想させ、誠実主義である。勇気、勇敢、発展の源である。

和御魂:水を連想させ、強固さの象徴である。共感、信頼、尊敬の源である。

幸御霊:大地を連想させ、限界の象徴である。愛や同情の源である。

三元(大先生が円、四角、三角を用いたのだが)とは、

生産霊は、活力の素であり先を見越した配置や吾勝を象徴する気の流れの次元である。三角が、参加する解決策である。

足産霊は、終わりの素であり、協力とあがつを象徴する流動体の要素である。円が混合の手がかりである。

玉留産霊は、満足感を表す素であり、構造とかつはやびを象徴する堅実さの次元である。四角が制御する手がかりである。

最後に、八力(それは想像を持続させる)は、

動と静、拡張と収縮、堅固さとしなやかさ、統合と分離である。

肉体は三角、精神は円であるべきだ。三角は、気の発生を表し、最も堅固な体勢である。

円は冷静さと正確さを象徴し、限りない技量の源である。四角は堅固さを象徴し、機能的な制御の基礎となる。



大先生の引用

三角は、底辺に2つの角と、頂点に1つの角を持つ。下の2つの角は安定した基盤や合気道家のfの構えを連想させ、頂角は当て身、すなわち攻撃点と見られる。入身投げなどの初歩的な技になぞらえられる。そしてそれは転換や体さばきのような回避動作に見られる体の向きを変える技とは対照的に、直接的な動きの印象を与える。

円は、日本語で柔らかい、または優しいを意味する「柔」という言葉に由来する。柔から生じる概念は、引かれれば押し、押されれば引くことを要する。円の技は決して直接的でない。それは打撃を受けても転がり、効果的に打撃を無効にするボールのようなものである。

合気道の技の多くは、攻撃側(うけ)が攻撃される側(とり)と共同しているような錯覚に陥らせ、振り返ってみると実際に、共同しているのである。攻撃側が、気、力、チャンスをを供給し、合気道家は単に、その力を導いて、攻撃がおさまるチャンスに至る。円はその言葉が持つ一般的な見方とは違って、倒れることもなく、常に動いているという点で安定していないと言える。それでは、仮に合気道家の重心に近いところにある全ての考えられる円状または半円状の動きが1つの姿に統合されれば球体が出来上がり、どのような攻撃も単独、または複数の円形の動きに向けけられる。合気道の心構えは中央集中型で、技を遂行するのに必要な気は中心から外向きに広がっていくものである。

 格闘技における循環の原理の歴史は長く、ほとんどすべてのスポーツや格闘技に適用されてきた。しかし、2つの中心を持つ中国の陰陽と違って、合気道の円は攻撃側と合気道家の間に一つしか中心はない。

四角は強固で肉体的に力強い姿勢である。大先生が四角を描くとき、豪という文字(力を表す)を書いた。四角は4つの90度の角で構成されており、大先生曰く、最も能率的な攻撃は90度の角度から繰り出される。三角や円と違って、四角は運動量に欠けるところがある。というのは、その特性は力から生じており、安定していて落ち着いている。三角や円と比べると、四角から生じる技を視覚化するのは難しいが、四角は構え(戦う姿勢)に必要な精神の、および身体の安定を示す。合気道家は、遂行するどんな技も、効果的であってはならない。

これらの表象のどれもが、どんな形であれ決して制限的であるべきではない。合気道家にとっての、合気道の動きの概念をつかむ視覚的な道具として提示されたにすぎない。それらは常に形を変えている。技は四角から入り、三角に移行し、円で終わることもありうるのだ。

これらの表象は日々の生活や、我々の他者への言動に適用することができる。

これらの表象とその定義を利用して、人の特性を表すことができるのだ。

例えば、
 

重心の落ち着いた三角の人は、直接的で、主導権を握る。重心の落ち着いていない三角の人は、うぬぼれが強く、威張り散らしている。

重心の落ち着いた円の人は、他者の意見に耳を傾け、分別があり寛容である。重心の落ち着いていない円の人は、きまぐれで、影響を受けやすく、優柔不断である。

 重心の落ち着いている四角の人は、平穏で、周りにいる人たちを穏やかにし、落ち着かせる。一方で、重心の定まらない四角の人は、慣習に固執し、身動きがとれず、結果ぎこちなくなる。

 それらは合気道のねらいを伝える。そしてそれは、大先生の言葉にあるように、「単に武術の技を鍛える」のではない。もうひとつの目的は、気品と優美の世界を創ることにある。その目的は、この世界をより良いところにすることである。